多汗症の治療

手術による多汗症の治療

手術で多汗症治療をするという方法があります。自宅でいろいろと工夫して治療してみてもなかなか改善しないという人は手術という治療方法を検討してみても良いかもしれません。手術の手段は幾つかありますが、多汗症の手術として多くの人が受けているのが、ボトックスの注射です。ボトックス注射とは、神経の働きを止める効果があるボトックスという薬を注射することで、汗腺から汗が分泌されないようにします。ボトックス注射は多汗症手術の中でも比較的簡単にできる手術方法です。治療にかかる時間も短く、痛みも小さいだけでなく、治療の痕も残りません。ただし、ボトックス注射による効果は永続性がなく、数カ月〜1年で切れてしまいますし、効果の程度は人によります。多汗症の症状が完全になくなるような治療方法ではないので、結婚式に出席する時や、汗をかきやすいシーズン限定等の感覚で利用するといいでしょう。多汗症の手術で、とくに手のひらの多汗症治療としてよく行われているのが、交感神経切除手術です。胸部交感神経を切除するために、全身麻酔をかけて脇からスコープを挿入する形になります。手のひらの多汗症症状をなくす効果が、この手術にはあるといいます。人によっては、手のひらから汗が出なくなったかわりに、代償性多汗症といって背中やお腹に汗をかくようになったりもします。交感神経の切除手術は、医師のアドバイスを聞いた上で受けてください。この他にも、多汗症の手術には幾つかの方法がありますが、いずれの場合も手術の必要性を十分に検討してから決断することです。
ミュゼ 盛岡南


このページの先頭へ戻る