物置の特徴

物置の特徴3社について比較

物置の種類ってたくさんありますよね。ホームセンターへ行くと小さいものから大きいものまで、自転車置きも付いている物置なんてのもあります。これから物置を検討しようかなと思う人のために、メーカーの違いについて少し話したいと思います。物置の主なメーカーは、イナバ物置・ヨドコウ物置・タクボ物置が挙げられます。イナバはCMでもやっている「100人乗っても大丈夫!」でお馴染みですよね。丈夫さが売りといってもよいでしょう。また板板の厚みは業界最厚。そしてサビや変色に強い塗装を施しているので塗装の仕上がりがきれいということです。次にヨドコウですが、アルミレール採用の上吊り式扉を採用しており、扉の下にレールがないので開け閉めがスムーズに行なえます。また棚柱がないのも特徴的ですね。柱があって置きたいものが置けない・置きにくいということがなくなります。タクボも扉が上吊り式扉なので扉の開閉がスムーズです。下のレールに砂やゴミがつまりトラブルになりにくくなっています。また雨どいが標準装備なのはタクボだけですので、雨水が原因でご近所トラブルになることもないでしょう。物置の大きさによってそれぞれ設備が若干異なりますが、大まかな特徴になります。物置は大きいもので十何万もするので安い買い物ではありません。展示品は50%オフなどでよく売られていますが、ボルトのサビなどありあまりオススメは出来ません。物置はそう簡単に買い換える物ではないのでよく検討してから購入してくださいね。
海野真理


このページの先頭へ戻る