キャッシングの法律改正

キャッシングの法律改正

キャッシングの法律改正が行われたことは記憶に新しいところです。総量規制というものがキャッシングに入ったのは、改正貸金業法という法律の改正が行われたことによります。キャッシングを安易に利用しすぎてたくさん借りてしまう人が多いことや、多重債務といった現在世の中で問題となっていることを解決するために法案化されたのが、総量規制というものです。法律によってきちんと定められのは、キャッシングの借入は合わせて年収の3分の1までということで、総量規制が導入されたことによるものです。法律の対象は、証書ローン、カードローン、キャッシングローンなどの合計金額となりますので、多重債務をすること自体が不可能になるということなのです。年収が150万円の人であれば、キャッシングで利用できる上限金額は50万円となります。キャッシング会社は信用情報機関への加入が義務づけられています。利用を他のキャッシング会社でしている状況を伏せておくことは不可能なのです。審査をこの法律が改正される前に済ませており、融資を今受けているのであればそのままキャッシングを継続できるといいます。再び審査を受けなければならない場合や新たに借り入れをしたい場合に当てはまるようになるのが、総量規制です。無理な借り入れや多重債務の問題は、法律改正によって解決が進みつつあります。今までは借入が可能だったキャッシングが法律によってできなくなってしまう場合もあるのです。


このページの先頭へ戻る